ページの先頭です。
ここからサイト内の現在位置です。
サイト内の現在位置ここまで。
ここから本文です。

地域への取り組み

JAが取り組む地域貢献活動などをご紹介します。

食農教育

JAでは、子どもたちに食を支える農業にふれてもらう機会を提供するため、植え付けから収穫など一連の農作業を体験する食農教育活動に積極的に取り組んでいます。

ランドセルカバー寄贈

JAは、川崎市の交通安全パートナー事業に協賛し、毎年、川崎市内全公私立小学校の新入学児童にランドセルカバーを寄贈しています。子どもたちの交通安全を願うランドセルカバーは、黄色く目立つ色で作成。「こうつうあんぜん」の文字や川崎市交通安全キャラクター「かわさきしんごくん」のイラストの他、JAセレサ川崎のロゴマークがプリントされています。2008年から始まったこの取り組みは10年を超え、毎年12,000人以上、延べ15万人以上の子どもたちの交通安全に貢献しています。

帰宅困難者一時滞在施設

JAでは、平成28年4月に川崎市と協定を結び、宮前区宮崎にあるファーマーズマーケット「セレサモス宮前店」が、帰宅困難者一時滞在施設に指定されています。この施設は、地震等の大規模災害が発生し、公共交通機関が運行を停止した場合、帰宅が困難になった方を一時的に受け入れ、休憩場所や飲料水、トイレなどの提供を行い、地域における混乱や事故の発生等の抑制をはかります。

なお、滞在は原則として翌朝までとなり、被災状況によっては提供できない場合もあります。

本文ここまで。