ページの先頭です。
ここからサイト内の現在位置です。
サイト内の現在位置ここまで。
ここから本文です。

安全・安心な市内産農産物

原子力発電所事故に伴う市内産農産物放射性物質調査について

当JAでは、川崎市と連携し原子力発電所事故に伴う農産物放射性物質について、安全性をより確かなものとして皆様に提供できるよう「かわさき農産物ブランド品」を中心に、川崎市が定めた「市内産農産物放射性物質検査計画」に基づき調査を進めております。

今後も、安全・安心を第一にお客様への商品提供に努めてまいりますので、引き続きのご愛顧をよろしくお願い申しあげます。

平成30年度市内産農産物検査結果表

採取日 農産物の種類 核種別放射能濃度
〔Bq(ベクレル/kg)〕
検査機関
放射性セシウム
セシウム134 セシウム137
6月20日 トマト 高津区 露地 1.2Bq/kg未満 1.1Bq/kg未満 川崎市健康安全研究所
7月10日 ブルーベリー 麻生区 露地 1.1Bq/kg未満 1.2Bq/kg未満 川崎市健康安全研究所
7月27日 ナシ 多摩区 露地 1.0Bq/kg未満 1.0Bq/kg未満 川崎市健康安全研究所
8月29日 さつまいも 麻生区 露地 1.3Bq/kg未満 1.3Bq/kg未満 川崎市健康安全研究所
8月29日 らっかせい 麻生区 露地 1.5Bq/kg未満 1.3Bq/kg未満 川崎市健康安全研究所

【参考】平成24年4月1日より食品中の放射性物質に係る新基準値が設定されました。

放射性セシウム 100Bq/kg(一般食品) 10Bq/kg(飲料水)
今改定より、放射性ヨウ素の基準値は定められておりません。

新基準値は厚生労働省が定めたものです。

  • 野菜、果実については、一般食品における基準値が適用されます。
  • 酒類については、飲料水の基準値が適用されます。
表中の「数値未満」とは、放射能濃度が当該数値で表される検出限界値(検知が可能な最低濃度)に満たないことを示すものです。
  • 神奈川の食の安全・安心(県内産検査結果はこちらから専用サイトへリンク)

かわさきそだち

川崎農産物ブランド「かわさきそだち」の情報はこちら

本文ここまで。