ページの先頭です。
ここからサイト内の現在位置です。
サイト内の現在位置ここまで。
ここから本文です。

橘地区

地区管内の支店 橘支店・子母口支店・梶ヶ谷支店

橘小学校 ~稲作体験~

令和3年6月~11月 市立橘小学校5年生

橘小学校では校内にある小さな田んぼを利用し稲作体験を実施しています。
 田植えでは地元農家の指導のもと、丁寧に稲を植えていきました。稲刈りでは、はじめて持つ稲刈りガマに表情をこわばらせながらも、前日の雨で水が抜けきっていない田んぼに入りながら汚れるのも気にせず元気に稲を刈り取りました。はさがけ後、JA所有の脱穀機を使用し、脱穀作業も体験。脱穀機の便利さに興奮しながらも、落ちてしまったもみを大事に拾い集めてくれました。
作業を通じてお米作りの大変さ、ありがたさを学べた貴重な体験となりました。



久末小学校 ~稲作体験~

令和3年6月~10月 市立久末小学校5年生

久末小学校では校内にある小さな田んぼで地元農家の指導のもと、毎年稲作体験を実施しています。
代かきから田植え・稲刈り・脱穀までの作業を児童らが体験しました。
田植えでは豊作の祈りをみんなで唱えながら最後に肥料を散布しました。日ごろの管理も児童らで行い鳥対策も実施したお陰で、収穫時には見事な実りをみせてくれました。
稲刈り・脱穀でも児童らはきちんと地元農家の指導に耳を傾け、自分たちが育てた稲を丁寧に収穫しました。



久末小学校 ~ダイコン作り農業体験学習~

令和3年10月~令和4年1月 市立久末小学校4年生

久末小学校では校内にある畑にて毎年4年生がダイコン作りに挑戦しており、土づくり等の作業は地元農家らが協力をしてくれます。栽培指導についても地元農家の指導のもと播種・間引き・収穫と一連の作業を学び、大きく育ったダイコンの引き抜きに苦労しながらも収穫できた時は笑顔があふれていました。
 作物を育てることの大変を学びつつ、収穫の喜びも経験し作物のありがたみを知ることのできた貴重な体験となりました。



たちばな幼稚園 ~稲作体験~

令和3月年6月~10月 たちばな幼稚園

たちばな幼稚園では12個の発泡スチロールを使用し小さな田んぼを作りました。
 JA職員の指導のもと田植えから脱穀までを体験しました。
 当幼稚園では先生がクラスごとに体験し、園児たちは間近で応援・観察をします。
田植え後の観察も園児たちにお願いし、見事に立派な稲に成長しました。
脱穀が最後の授業となりましたが、園児たちは自身が知っているお米に近くなってきたことにとても興味を持っていました。



西梶ケ谷小学校 ~バケツ稲・稲作体験~

令和3月年6月~12月 市立西梶ケ谷小学校5年生

バケツ稲と校内にある田んぼで稲作指導をして欲しいと要望を受け、今年度より西梶ケ谷小学校での食農教育実習がはじまりました。
 体験としては、田植え・稲刈り・もみすり・正月飾りを予定しスタート。
 打合せでの先生方の思いも強く、事前の代かきは児童も参加して土づくりをしてくれました。バケツ稲は班で1つを担当し、田んぼに入る前の予備練習として活用。児童らのやる気もたっぷりで男女とも汚れることも気にせず真剣に取り組みました。
バケツ稲は多少成長にバラつきがあったものの、田んぼも見事な稲穂をつけてくれました。
正月飾りではうまくいかず苦労しましたが、それぞれ自宅に飾り新年を迎えました。



本文ここまで。