ページの先頭です。
ここからサイト内の現在位置です。
サイト内の現在位置ここまで。
ここから本文です。

橘地区

地区管内の支店 橘支店・子母口支店・梶ヶ谷支店

橘小学校 ~湘南レッド収穫体験学習~

平成30年5月 市立橘小学校 5年生

 かわさき農産物ブランド品に登録されている湘南レッド(紫タマネギ)の収穫体験を橘小学校5年生が行いました。湘南レッド出荷組合がある橘地区ならではの食農教育となります。

 本学習では湘南レッドの歴史について学ぶとともに、川崎の農業についても学習をしました。生産者の野菜に込めた思いやこだわりを真摯に聴いて、自分たちが住んでいる地域への関心が高まる体験となりました。

橘小学校 ~稲作体験学習~

平成30年6月~11月 市立橘小学校 5年生

 橘小学校の周りでは見かけることがなくなった田んぼですが、同校の校内にある小さな田んぼを利用し田植えを実施しました。

 田植えでは、はじめて見る小さな稲苗をおそるおそる受け取り、地区組合員の指導に従い大事に定植しました。収穫までには生育状況の確認も行い秋には見事に実った稲を刈り取り、みんなではさがけまで行いました。その後、脱穀も実施しお米づくりの大変さを味わえた貴重な体験となりました。

橘幼稚園 ~稲作体験学習~

平成30年6月~10月 橘幼稚園 

 橘幼稚園では発泡スチロールを使い稲作体験を実施しました。園児のみんなは泥んこになるのも嫌がらず一生懸命渡された稲苗を植えていました。みんなスクスク育つ稲の様子を観察し見事に実った稲を刈りとり園内にて乾燥させました。その後、脱穀ともみすりの様子も見学しみんなで育てたお米を嬉しそうに受け取りました。

久末小学校 ~ダイコン作り農業体験学習~

平成30年9月~12月 市立久末小学校 4年生

 久末支部農家の指導でダイコンの種まき、間引き、そして収穫にいたるまでの一連の作業に挑戦しました。収穫後は地区女性部員とPTAの協力により料理教室を実施し、自らが育てたダイコンを味わいました。

 児童たちにとって、地域の農家の方々とのつながりを認識し、さらに作物を育てる大変さ、また食べる楽しみを十分に感じられる体験となりました 。

久末小学校 ~稲作体験学習~

平成30年6月~12月 市立久末小学校 5年生

 久末小学校の校内に在る小さな田んぼを使い5年生が代かき、田植え~脱穀を職員の手を借りながらみんなで実施しました。代かき作業からどろんこになるのも嫌がらず一生懸命田んぼを平らに整備しました。

 田植えでも汚れるのをいとわずみんなで1つ1つ丁寧に植えていきました。最後にはみんなで育てたお米を味わい、お米づくりから食べられる工程までの大変さを感じつつ大きな達成感も得られた貴重な体験となりました。

幸町小学校 ~市内農地めぐり~

平成30年6月 市立幸町小学校 3年生

 川崎駅にほど近い幸町小学校の3年生が、今もなお農業が盛んに行われている高津区久末地区の農地めぐりを行いました。川崎駅周辺には畑もほぼ見当たらなくなっている現状の中、久末小学校の周り一面の畑を見てみんな目を輝かせていました。

 久末小学校の体育館内において地元農家の方から久末地域や自身の農業に関する話、またJA職員から川崎の農業についての説明を行い、児童らは農業に関する質問を積極的にしていました。

本文ここまで。