橘地区

橘地区

橘小学校 ~湘南レッド収穫体験学習~

平成29年5月 市立橘小学校 5年生

 かわさき農産物ブランド『かわさきそだち』にも登録されている湘南レッド(紫タマネギ)の収穫体験を橘小学校5年生が行いました。湘南レッド出荷組合がある橘地区ならではの食農教育となります。本学習では湘南レッドの歴史について学ぶとともに、川崎の農業についても学習をしました。生産者の野菜に込めた思いやこだわりを真摯に聴いて、自分たちの住んでいる地域への関心が高まる体験となりました。

  • 生産者による説明

  • 収穫された湘南レッド

橘小学校 ~稲作体験学習~

平成29年6月~11月 市立橘小学校 5年生

 橘小学校の周りでは見かけることがなくなった田んぼですが、同校の校内には小さな田んぼがあります。田植えでは、はじめて見る小さな稲苗をおそるおそる受け取り、地区組合員の指導に従い大事に植えていきました。収穫までには生育状況の確認も行い、秋には見事に実った稲の収穫作業を実施。一年を通じて田んぼでの作業の大変さ、稲をみんなで育て上げた達成感を味わった体験となりました。

  • 田植えの様子

  • 貴重な脱穀体験

久末小学校 ~ダイコン作り農業体験学習~

平成29年9月~12月 市立久末小学校 4年生

 久末支部農家の指導でダイコンの種まき、間引き、そして収穫にいたるまでの一連の作業に挑戦しました。収穫後は地区女性部員とPTAの協力により料理教室を実施し、自らが育てたダイコンを味わいました。
 児童たちにとって、地域で行われている農業の大切さや、食と農のつながりを実感する素晴らしい体験となりました。

  • 慎重に種をまきます

  • 地区女性部の協力による料理教室

幸町小学校 ~農地散策~

平成29年6月 市立幸町小学校 3年生

 川崎駅にほど近い、幸町小学校の3年生が、今もなお農業が盛んに行われている高津区久末地区の農地散策を行いました。
 久末小学校の体育館内において地元農家の方から久末地域や自身の農業に関する話、またJA職員から川崎の農業についての説明を行い、児童らはたくさんの質問をしていました。

  • 地元農家の方の話に耳を傾ける

  • JA職員による地区農業の説明