組織の概要

セレサ川崎 概要

組織概要

〈平成30年8月末現在〉
組合名(正式名称)セレサ川崎農業協同組合
(通称)JAセレサ川崎
所在地〒216-0033
神奈川県川崎市宮前区宮崎2-13-38
連絡先TEL:〈代表〉044-877-2111
FAX:〈代表〉044-877-2211
設立平成9年10月1日
代表者代表理事組合長 原 修一
役員数45人
組合員正組合員数 5,468人
准組合員数 62,133人
組合員総数 67,601人
組合員戸数正組合員戸数   4,200戸
准組合員戸数 55,620戸
組合員戸数計 59,820戸
従業員数1,188人(うち嘱託・パート等162人)

事業概況

〈平成30年8月末現在〉
購買品供給高4億91百万円
販売品取扱高6億円
(うちセレサモス)5億54百万円
施設事業契約高26億49百万円
貯金残高1兆4,867億37百万円
貸出金5,436億08百万円
長期共済保有高1兆6,824億65百万円
年金共済保有高 348億22百万円

単体自己資本比率

〈平成30年3月末現在〉
単体自己資本比率13.37%

 

組織の沿革

平成9年 10月 1日 市内4JA(川崎信用農協・川崎農協・川崎市中央農協・川崎市多摩農協)が合併し、JAセレサ川崎発足
平成17年 12月 26日 貯金残高1兆円達成
平成20年 3月   川崎市交通安全パートナー事業「黄色いランドセルカバー」寄贈
(※以来毎年実施)
4月 26日 大型農産物直売所「セレサモス(麻生店)」オープン
平成21年 11月   全施設にAED(自動体外式除細動器)を設置
平成22年 1月 16日 セレサモス(麻生店)来場者50万人達成
平成23年 2月   第10回JAバンク全国大会にて優績JA表彰受賞
3月   東日本大震災被災地支援のため緊急義援金1,000万円寄付
5月~7月   東日本大震災JAグループ支援隊にて宮城県・岩手県に職員派遣
7月 15日 セレサモス(麻生店)来場者100万人達成
11月   セレサモス(麻生店)敷地拡張により売り場面積、駐車場増設
12月 26日 JA氷見市(富山県)と激甚災害相互支援協定書締結
平成24年 1月 11日 経済センター農業用資材店舗としてリニューアルオープン
4月   環境に配慮し、電気自動車導入
5月 11日 JA栗っこ(宮城県)と激甚災害相互支援協定書締結
平成25年 8月 8日 経済店舗パーシモンリニューアルオープン
2月 14日 第26回JA全中広報大賞にて「大賞」受賞
平成26年 2月 19日 第56回全国家の光大会にて「第64回家の光文化賞」受賞
5月 8日 日本農業新聞全国大会・農協教育広報優秀表彰にて「大賞」受賞
15日 平成25年度JA共済優績組合表彰にて「JA共済大賞」受賞
6月 3日 セレサモス(麻生店)来場者200万人達成
平成27年 2月 19日 JAバンク全国大会にて優績JA表彰受賞
4月 1日 東日本大震災被災地JA復興支援のためJA南三陸(宮城県)に職員出向
4月 1日 2店舗[菅生支店・セレサモス(麻生店)]に電気自動車急速充電器設置
5月 14日 平成26年度JA共済優績組合表彰にて「JA共済大賞」受賞
10月 27日 大型農産物直売所「セレサモス宮前店」オープン
11月 9日 JA京都やましろ(京都府)と激甚災害相互支援協定書締結
平成28年 3月 30日 「川崎の直売所マップ」発刊
5月 19日 平成27年度JA共済優績組合表彰にて「JA共済大賞」受賞
5月〜6月   熊本地震JAグループ支援隊にて熊本県に職員派遣
平成29年 3月 30日 セレサモス麻生店来場者300万人達成
5月 12日 自己改革の加速化に向け営農サポートセンターとの意見交換会を開催
6月〜10月 創立20周年記念事業として田んぼアートを制作
10月 5日 創立20周年記念式典を挙行

機構図

機構図

組合員組織一覧につきましては、こちらをご覧ください